2018年 02月 17日 ( 1 )


今回、
外で頑張る冬の植物や風景を撮りたかったので、
温室には入らずに帰ろうと思っていましたが、
結局最後は引き寄せられるようにズルズルッと・・・。(寒いしね~)(苦笑)



a0240403_09271670.jpg



a0240403_09235221.jpg
カカオの実が黄色くなっていました。
そろそろ収穫時期になるようです♪




a0240403_09240745.jpg
サンジャクバナナ
バナナは珍しくないけど、
先っぽを折りたたんだようにクルッと巻いた葉っぱがユニークで可愛いっ♪




a0240403_09241859.jpg
クルリと反り返った花びら、落ちかかった花、残ったガクが面白いなーー。




a0240403_09244826.jpg

a0240403_09245458.jpg





a0240403_09254102.jpg

a0240403_09254881.jpg
えぇ~、ラリルレロ?105.png
舌を噛みそうなおなまえ(笑)



a0240403_09270324.jpg

a0240403_09271050.jpg





a0240403_09250394.jpg



a0240403_11111617.jpg
これは何という花かな~~~?
幹から直接花を咲かせている。


a0240403_09250975.jpg
蕾♪♪



a0240403_09251915.jpg
咲き始め♪♪♪


a0240403_09252781.jpg
花が咲いたり、実が生ったりの植物にはこんなプレートが吊り下げられています♡

a0240403_09253381.jpg
・・・だそうです。




最後に、この花この花は撮らずには帰れませんね~!!


a0240403_09260618.jpg
うなずく前の蕾を正面から~~~♪



a0240403_09261553.jpg
ぽちっと可愛いしべ・・



a0240403_09260194.jpg




a0240403_09255585.jpg
ウナズキヒメフヨウ
 アオイ科マルバビスクス属

 メキシコからコロンビアにかけて分布する低木。
 ウナズキヒメフヨウは、ヒメフヨウの変種と云われています。
 もともとのヒメフヨウは花は上向きですが、
 ウナズキヒメフヨウの花は成長するに従いだんだん下向きになります。
 この様子を「ウナズキ」と呼んでいます。

 花はずっと蕾のままで花びらは開くことはありません。
 このため、スリーピングハイビスカスとも呼ばれています。
 これは、花びらの基部がめしべに巻きつき、開かない構造になっているから。
 また花は薬草としても利用されます。。。。。(説明から)






a0240403_09264623.jpg




a0240403_09264066.jpg

a0240403_09265504.jpg
ドンベヤ・ウォリッキイ
 アオギリ科ドンベヤ属の常緑低木~小高木。
 原産地:アフリカ東部、マダガスカル島

 花には甘い芳香があり、やさしいピンク色のボールが心和ませてくれます162.png






さぁ、
温室に入って私的には逃せない二つの花も撮れたし、、帰るとしましょう。。。笑










 















by Hanatuzuri_puri | 2018-02-17 11:42 | | Comments(8)

趣味のプリザ教室、手編み、季節の植物などランダムに・・・。HPは只今更新中です


by こゆたんママ
カレンダー