ぶらっと花見小路


建仁寺を出ると、そこはもう花見小路。。。

帰りがけに路地をプチ散策125.png


a0240403_12302440.jpg





a0240403_12304320.jpg





a0240403_12305285.jpg
~~~♪




a0240403_12310761.jpg





a0240403_12311377.jpg

「祇園一力亭」

 
 祇園の中でも最も由緒ある「お茶屋」のひとつで、
 大石内蔵助が豪遊したとか、近藤勇や大久保利通、西郷隆盛も
 出入りしていたと云われている所です。

 祇園のお茶屋さんは一見さんお断りのところが多いですが、
 中でも特に格式が高いお店として知られています・・・




a0240403_12313042.jpg





a0240403_12312315.jpg



a0240403_12314159.jpg
海外の観光客の多いこと!




a0240403_12315039.jpg
一瞬、、貸衣裳の観光客っと思って見過ごしたら、
仕込みさん(?)をお伴にほんまもんの舞妓はんや~~♪ 105.png102.png




a0240403_12315687.jpg
振り向くと、後ろ姿がもう遠い! !

一軒のお茶屋さんに入って行きました。



だらりの帯はあ・さ・が・お♪♪

夏ですね~~~~~!




大通りに出ると、
あっ、バスが来ました。

京都駅に戻ります。。。 (おしまい)


 





# by Hanatuzuri_puri | 2018-06-22 13:56 | その他 | Comments(1)

霊源院 甘茶の庭園


大阪北部地震から三日目の今日。

夜中も身体に感じる余震があり、そのたびにとび起きあまり眠れませんが、
昨日に比べて頻度が少なくなってきているようです。

阪神淡路大震災の時より震源に近い分、揺れも大きくほんとに怖かったです!
幸い被害はなく、無事過ごせています。

この後、終息に向かってくれるといいのですが・・・。


ご心配頂いた皆さま、本当にありがとうございました。




さて、
両足院の半夏生を観た後、、
同じく建仁寺塔頭「霊源院」(れいげんいん)へ。


a0240403_10093545.jpg
霊源院 甘茶の庭「甘露庭」 特別公開
 5月19日~6月17日まで、、、
 行ったのは16日、かろうじて間に合いました。



a0240403_10100601.jpg




a0240403_10103507.jpg
 建立当時の霊源院は、現在の総合大学としての機能を備え、
 「建仁寺の学問面」を代表する寺院でもあったそうです。



a0240403_10110659.jpg
次の日までの公開、、お花はもう終盤なのかな??と思いましたが、
まだまだ綺麗に咲いていました♪



a0240403_10113552.jpg





a0240403_10123608.jpg
甘茶
 ユキノシタ科の落葉低木で、ヤマアジサイの変種。

 アジサイ科のガクアジサイとよく似ているので間違われやすいですよね~。

 葉に甘味の成分が含まれていて、
 若い葉を蒸して揉み、乾燥させたのを煎じて作るのが甘茶です。
 4月8日の花祭りにはお釈迦様に甘茶をかける儀式がありますね。



a0240403_10130633.jpg




a0240403_10120619.jpg




a0240403_10133620.jpg




a0240403_10144274.jpg

お茶室で、甘茶とお干菓子を頂きました。(写真はありません)
やさしい甘さのお茶・・美味しゅうございました♪


a0240403_10141229.jpg




a0240403_11064407.jpg
お茶室から観る菩提樹と甘茶の花♪




a0240403_10151268.jpg
書家金澤翔子さんが書かれた「毘沙門天」!!!






梅雨の晴れ間の陽ざしが眩しい建仁寺を後にしました。。。。。









# by Hanatuzuri_puri | 2018-06-20 13:37 | | Comments(6)

両足院の半夏生


梅雨の中休みでいいお天気の昨日、、

京都花見小路の建仁寺塔頭「両足院」に、半夏生の花を観に行きました。


去年、行くつもりにしていた日が雨・・・

梅雨の雨にしっとり濡れる半夏生は趣がありますが、
道中の事を考えると出不精になり見送ったので、
今年は晴れた日を狙って絶対行かねば、、と思っていました。



a0240403_13111173.jpg
臨済宗建仁寺



a0240403_13112661.jpg





a0240403_13115044.jpg
建仁寺塔頭「両足院」 初夏の特別拝観




a0240403_13124187.jpg
見頃のようです♪




a0240403_13122093.jpg





a0240403_13121570.jpg

奇麗にお化粧しています♪♪



a0240403_13123512.jpg





a0240403_13120730.jpg
撮影は庭だけ、
部屋の中もお花だけ、それ以外は禁止でした! 119.png



a0240403_13122770.jpg


半夏生
 どくだみ科ハンゲショウ属
 別名 片白草(かたしろぐさ)

 名前の由来は、夏至から数えて11日目の日(もしくはその日から5日間)を
 「半夏生」と呼びますが、その時期に花が咲くことから。。。

 花期に葉が白くなるのは、虫媒花なので虫を誘う必要から白く目立つように進化
 したのでは・・と伝えられています。


 花が終わり、夏の盛りの頃になると白い葉の白い部分は色落ちして
 ふつうのみどり色になります。



a0240403_13125458.jpg

寺院の部屋からは撮っていても、外はピーカン! ! !
それに被写体が白・・・・・
フィルターを装着して自分なりにカメラの設定を変えたけど
やっぱ白とびーー。 ウェ~~ン 



a0240403_13124710.jpg





a0240403_13130086.jpg





a0240403_13130714.jpg
お手入れ、ごくろうさまです。





曇り☁の日にすれば良かったなぁ~!などとぼやいたりして・・・(^^;)










# by Hanatuzuri_puri | 2018-06-17 16:01 | | Comments(18)

多肉っちゃん♪


最近の多肉っちゃん(笑)の様子。

a0240403_10403110.jpg
熊童子♪ コチレドン

 春にわさわさ勢いよく立ち上がり、
 そのあと枝垂れてきました。
 ぷっくり葉っぱが重たいからね~~~102.png



a0240403_10403674.jpg
 小さなお手々がなんともかわいいのね^^




a0240403_10404274.jpg
 生まれたばかりのもしゃもしゃ産毛、、
 爪も一つだけ~。
 お兄ちゃんが両手で受け止める! (笑)



a0240403_10390081.jpg
舞乙女(数珠姫)♪  クラッスラ

 伸びやすく倒れやすいので、
 適宜カットして挿し木で増やせるようです。




a0240403_10400614.jpg
アフィニス♪ エケベリア

 存在感のある黒い色、、
 この子も春以降一回り大きくなりました。
 でも表面がきちゃない!!
 肥料を施した訳でも、消毒した訳でも、雨ざらしでもないし・・・。
 水やりのシミなのか、、裏からみると模様も何だか曖昧???



a0240403_10405199.jpg
ロゲルシー♪ クラッスラ



a0240403_10405869.jpg
 ボーボーに根が伸びて。
 あまり増やすつもりもないし、ピンク色が綺麗なのでこのままにしておこう116.png





a0240403_10390708.jpg
天錦章♪ アドロミスクス

 ぷっくら肉厚で、丸い葉が貝のような姿。
 葉先もびみょうにひらひらフリルっぽい!
 全体に散りばめられた黒い斑点もユニークな多肉っちゃんです♡







# by Hanatuzuri_puri | 2018-06-15 11:36 | | Comments(4)

子つばめとミノムシ




一昨年から三年続けてガレージで巣作りしていたつばめ。

去年は卵が落とされ、今年の春は巣が落ちてしまい、
それ以来、来なくなってしまいました。

おととしは、
元気に育つ子つばめを我が子のように見守り、巣立つのを目の前で見れたのに・・・。



a0240403_09260369.jpg

一昨年、、巣立ち間際の五つ子ちゃん。(再び写真を載せました)



a0240403_09255552.jpg
最後に巣立った子つばめ

かわいい♡♡♡


また来年、来てくれるかなぁ??





今日の庭の花♪
a0240403_10292171.jpg
ロニセラ"ミントクリスプ"
斑入り葉が涼しげ170.png



a0240403_09241302.jpg
品種の分からないギボウシ♪
 植え替えせずにずぅ~とそのままなので、
 だんだん葉が小さくなり、花もあまり咲かなくなりました。



a0240403_09242811.jpg




a0240403_09242041.jpg
植え替えしてあげねばなりませんが、

植え替えが必要な鉢ばかりになって、もう大変! ! !




a0240403_10285900.jpg
ヒューケラの茎にぶら下がっているミノムシさん。

咲いている花の茎が真ん中あたりから1本なくなり、2本なくなり・・・・・


a0240403_07593779.jpg
さては茎から茎へ移動しながら(?)のミノムシさんの仕業か???


ネットで検索すると、ミノムシの生態が解りました。


ミノムシ
 ミノガ科に属するガの幼虫で、
 日本には約15種類のミノガが見られる。

 種ごとに独特の蓑を作り、上の開口部から頭や胸を出して、
 植物の葉、茎、新芽などを食べる。

  
 ふぅ~~む、やっぱり! (笑)



 ミノムシは成長すると、オスは蓑の中でサナギになり、
 春になると蓑の下を破り外へ体を出し、サナギの状態で羽化する。

 オスは羽もある、ごく普通のガになります。

 メスは羽化しないようで、サナギは頭部だけ皮をぬぎ、
 その他の部分は一生サナギの殻に閉じこもったままで、オスを待ち続けるそうです。

 メスはただ産卵する為だけに生まれ、一生ミノムシとして生きていくのです。

 成虫となったミノムシのオスには口がなく、摂食出来ずに交尾のみ行う。
 その後、オスは死にメスは蓑の中で産卵し、孵化するまで卵と一緒に蓑の中で過ごす。

 20日ぐらいして卵が孵化する頃、
 メスは干からびて蓑の穴から落ちて死ぬんだと。。。



オスもメスも、か、悲し過ぎる~~~~~161.png




私達人間の知らない所で、
種(しゅ)を残すため、懸命にそして必死で生きて儚く死んでいく
小さな生き物がいるんだと云う事を改めて知りました。









# by Hanatuzuri_puri | 2018-06-12 13:08 | その他 | Comments(10)

趣味のプリザ教室、手編み、季節の植物などランダムに・・・。HPは只今更新中です


by こゆたんママ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30