夏の終わりの里山の花②



a0240403_10135747.jpg
タカサゴユリ
  ユリ科ユリ属
  原産地  台湾

  元々、台湾に自生していたユリが大正時代に日本に入り、その強い繁殖力で
  各地に野生化しました。

  名前のタカサゴは、琉球語の台湾の別称で台湾のユリと云う意味です。
  テッポウユリに似て葉が細いのでホソバテッポウユリとも呼ばれます。
  



a0240403_10142035.jpg




a0240403_10142615.jpg




a0240403_10140310.jpg
  花に薄紫の筋が入るのが特徴ですが、
  テッポウユリとの交雑種も野生化し、紫のストライプの無いものもあって
  特定がむずかしくなっているようですね。




a0240403_10141104.jpg
この時期、
山の斜面などで白い花が群生しているのを見ると綺麗だな~って思います♪







a0240403_10124373.jpg
ヤマイモ
  



a0240403_10122519.jpg



a0240403_10123126.jpg
ムカゴがいっぱい出来ています。
(炊き込みご飯にしたらホクホクと美味しいのよね~~)  





a0240403_10130394.jpg
アオツヅラフジ
   ツヅラフジ科アオツヅラフジ属



a0240403_10125531.jpg



a0240403_10131299.jpg
雰囲気のあるつる植物で、青い実も魅力的♡





a0240403_10134984.jpg
野ブドウ




a0240403_10133895.jpg







a0240403_10132213.jpg
ヌマトラノオ
  サクラソウ科オカトラノオ属の多年草。

  名前の通り、川や池のほとりなど湿った所に生えています。
  草地に生えるオカトラノオと似ていますが全体に一回り小さく、
  オカトラノオは横になびく穂にびっしり花をつけますが、
  ヌマトラノオは真っ直ぐに立ち上がる穂に、すき間をあけてまばらに花をつけます。



a0240403_10132982.jpg

歩いていても見落としそうなぐらい小さな花、
その花姿は愛らしく可愛いですね~~♪








  



# by Hanatuzuri_puri | 2017-08-30 16:05 | | Comments(2)

夏の終わりの里山の花①



里山の花シリーズ・・・
しばらく続きますが、よろしければお付き合い下さい。


a0240403_10440479.jpg
クサギ
   シソ科(以前はクマツヅラ科)クサギ属の落葉小高木
  
   葉を触ると独特なにおいがするのでこの名がつきました。
   8月頃に咲く花には甘い香りがあります。



a0240403_10432419.jpg




a0240403_10433021.jpg
名前とはうらはらにとっても可愛らしい花と蕾ですね♪



a0240403_10431862.jpg
くるりんと長いしべがとってもキュート♡
(これぐらいまつ毛が長かったらな・・笑)


a0240403_10434468.jpg
昼間はアゲハチョウ科の大型のチョウが、
日が暮れると、スズメガ科の大形のガが花に来て受粉します。



a0240403_10435381.jpg
秋に熟す果実は紺色で、赤いガクが開いて残るためよく目立ち綺麗です。

葉には特異な臭いがありますが、お茶の他に茹でれば食べることが出来、
若葉は山菜としても利用され、果実は草木染にも使われる・・・と
万能選手な(笑)花木ですね♪♪


この日もアゲハチョウが蜜を求めて花から花へ・・・・・
ひらひらと飛んでいましたよ。




a0240403_10445486.jpg
センニンソウ
   キンポウゲ科センニンソウ属の多年草。
   8月~9月に白い花をつけます。
   4枚の花弁に見えるのは萼片で、本当の花弁は無いんですって。
   
   果実には白い毛があり、これを仙人のヒゲに見立てた事からこの名前がつきました。



   白い清楚な花をつける蔓植物ですが、有毒なので注意しましょう! ! !



a0240403_10442986.jpg



a0240403_10444062.jpg




a0240403_10444870.jpg
ヤブツルアズキとのコラボレーション^^



a0240403_10443572.jpg




a0240403_10450701.jpg




a0240403_10450273.jpg

センニンソウ属は、世界中に300種、日本には20種以上があります。
花の美しいカザグルマや、それに似た外国種が栽培されクレマチスと呼ばれています。

日本産のもので、蔓になって小型の花を多数咲かせるものはセンニンソウ
またはボタンヅルと呼ばれます。



a0240403_10451585.jpg

この時期里山を歩くと、
あっちこっちで真っ白いこの花がいい香りを漂わせていて、
思わず近寄って嗅いでしまいます♪  スゥー













 
# by Hanatuzuri_puri | 2017-08-29 13:40 | | Comments(8)

晩夏


a0240403_11220673.jpg




a0240403_11295731.jpg
田んぼ道



a0240403_11295047.jpg
ベニバナボロギク




a0240403_11221428.jpg
ふわり ふわり
  
   飛んで行け。。。

# by Hanatuzuri_puri | 2017-08-28 11:38 | | Comments(2)

猛暑に咲く♪



a0240403_17250235.jpg
鉢植えの斑入り葉ポーチュラカが暑さに負けず咲いています♪

ピンクやクリーム色の斑が入った葉っぱだけでも綺麗♡



a0240403_17252646.jpg
小さくなり、青息吐息の「みさき」ちゃん。

それでもやさしい色の花びらを幾重にも重ねながら咲いてくれています♪


a0240403_17253304.jpg
端正な横顔も美しいわ~。



a0240403_17254029.jpg
「ゆい」ちゃんも・・・。




おっとっと!

玄関先の多肉さんは?

a0240403_17260032.jpg
ロゲルシー(クラッスラ)

 やわらかい微毛で被われた、コロンと丸い葉っぱが何とも可愛い多肉ちゃん♪

 鉢からはみはみ、気根ニョキニョキ(笑)


a0240403_17260880.jpg
ほったらかしにしてゴメンやけど、秋口まで待ってねー^^; 



a0240403_17251974.jpg


a0240403_17251324.jpg
ハムシー(エケベリア)
 いつとはなしにひっそりと花開いて・・・



a0240403_17255040.jpg
トップスプレンダー(エケベリア)
 

a0240403_17255539.jpg
ぽろぽろと落ちる。
触ると落ちる。

別の鉢に落ちた葉を集めて寝かせて、どんどん葉挿しで増やさねば・・・・・♫












# by Hanatuzuri_puri | 2017-08-24 20:39 | | Comments(0)

藤原宮と大和三山


(Ⅲ)
耳成(みみなし)山と、本(もと)薬師寺のホテイアオイ♪



藤原宮跡をあとに、畝傍御陵前駅近くの本薬師寺へ・・・


本薬師寺前の田んぼに広がるホテイアオイの花、
今を盛りに咲いています♪
a0240403_12463382.jpg
奥に見えるのは耳成山。
 藤原宮の北方、標高140mの秀麗な山です。
 周囲の山すそに尾根が張り出さない(耳が無い)ため、
 その名前がついたとも云われています。



a0240403_10231605.jpg



a0240403_10233668.jpg



a0240403_10234371.jpg



a0240403_10232330.jpg



a0240403_12473796.jpg



a0240403_12490500.jpg
大切に育てられているんですね~~~♡

綺麗なホテイアオイのお花、、
どう撮っていいのか、、
むずかしくて全部のっぺりとボケた画像になってしまいました^^;




気を取り直して・・・
a0240403_10235111.jpg
本薬師寺跡
天武天皇が、後の持統天皇の病気平癒を祈り、建立した寺院だそうです。



a0240403_10241794.jpg
礎石が残っています。



a0240403_10240416.jpg
ジニア(百日草)


a0240403_10241055.jpg



a0240403_10242406.jpg






飛鳥、藤原の時代、、、

古都奈良の歴史散策は、
時代が古すぎて、勉強不足でもあり、あまりピンと来ない感(苦笑)がありますが、
実際にその地に身を置くと、
いにしえの時代を少しは感じられた(ような?)(笑)気がしました。





奈良県橿原市にある藤原宮跡。
行ったのは、先週の金曜日(18日)でした。






















# by Hanatuzuri_puri | 2017-08-22 14:26 | その他 | Comments(8)

趣味のプリザ教室、手編み、季節の植物などランダムに・・・。HPは只今更新中です


by こゆたんママ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31