落柿舎


先日載せた「祇王寺」から少し日にちが経ってしまいましたが、
続きで「落柿舎」へも行きました。


祇王寺のあと、ちょっと足を延ばして「大覚寺」から「直指庵」に・・・と
思っていたんですが、
祇王寺の近くのお蕎麦屋さんでお昼ごはんを食べてほっこりしていたら
足が重くなって・・・。(苦笑)


落柿舎への道すがら、「二尊院」を下ったすぐの所に有る去来のお墓に立ち寄る。
a0240403_1029465.jpg



そのあと、落柿舎へ~~~

a0240403_10335590.jpg


松尾芭蕉がその門人の中でも、最も信頼を寄せていた去来(1651~1704)の
営んだ庵であり、その閑寂な風情と去来の人柄を愛した芭蕉は合わせて三度も来庵。
とりわけ、元禄四年の初夏には長く滞在し、落柿舎を拠点として、
嵯峨嵐山の名所名刹を巡った。
その記録は「嵯峨日記」として残されている・・・・・ とあります。


a0240403_10452432.jpg


a0240403_1046633.jpg


a0240403_1046244.jpg


a0240403_1048717.jpg
「嵯峨日記」



a0240403_1050252.jpg


a0240403_10502287.jpg


a0240403_10533351.jpg


a0240403_10541442.jpg


これまで何度か訪れた「落柿舎」ですが、
四季折々に違った佇まいを見せてくれる雰囲気のある庵ですよね~~~!



a0240403_1105478.jpg


a0240403_111153.jpg

駅に戻る道に咲いていたテイカカズラ

初夏の花ですね~~。
Commented by kimagure-dog at 2017-05-29 16:24
こんにちは
とっても趣のある庵ですね。
ここで、ゆっくり過ごしていると、日常を忘れてしましそう~
たまにこんな風情のあるところへ行かないとあきませんね。
Commented by Hanatuzuri_puri at 2017-05-29 22:35
めぐままさん☆
こちらにもコメントありがとうございます。
渡月橋界隈は人でごった返していますが、
この辺りは今の時期、観光客も少なくのんびりゆったり
散策出来ました♪
ほんとに日常を忘れて静かなひと時を過ごせましたよ~。
一人で好きなように足の向くまま気の向くまま。。。
そうそう、たまにはこんな所へ行かないとあきません~~~笑
Commented by usatyu4 at 2017-05-30 08:50
この辺りはウォーキングで歩いたことはありましたが、
ただ歩いただけで、こんなところは見てないので、
ありがたく見せてもらいました。
Commented by Hanatuzuri_puri at 2017-05-30 15:13
usatyuさん こんにちは。
落柿舎の辺りをウォーキングで歩かれたのですね~~。
その時々の目的も違えば目線も違ってきますものね。
のんびりゆったりの歴史散策にも、機会がありましたら
またぜひ訪れてみて下さいね~~。

Commented by tamataro1111 at 2017-06-01 06:07
お早うございます。
落柿舎。。。懐かしく拝見しました。
随分昔ですすが、この一帯を歩いた記憶が蘇りました。
茅葺きを観ると何かとっても落ち着きます。
Commented by Hanatuzuri_puri at 2017-06-01 11:17
太郎さん こんにちは。
太郎さんも以前この一帯を歩かれたのですね~~。
懐かしく思い出して頂き嬉しいです♪
この庵の佇まいに一番似合うのはやはり柿の実る晩秋ですが、
新緑のこの時期も、また違った風情を味わえました。
茅葺きを見ると日本の原風景のようで、ほんとに落ち着きますね。
by Hanatuzuri_puri | 2017-05-29 11:04 | その他 | Comments(6)

趣味のプリザ教室、手編み、季節の植物などランダムに・・・。HPは只今更新中です


by こゆたんママ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31